活用方法 – 商品企画・開発

活用方法 - 商品企画・開発
  • 競合やマーケットの捉え方に不安はありませんか?
  • 良い取り組みなのに裏付けが取れず企画倒れになったことはありませんか?
  • 根拠不足で進められていない企画はありませんか?
  • 商品化前に企画の狙いを顧客に聞いて確かめてみませんか?

商品化に必要な要素

  • 市場課題

  • ニーズ

  • 差別化

  • プライシング

矢印

商品企画・開発

  • 想定から商品を設計

企画倒れ

矢印

市場との裏付け・根拠

  • 強い・明確

  • 弱い・曖昧

矢印
矢印
矢印
  • 企画倒れ

  • 商品化

商品企画・開発段階で押さえておくべきポイント

  • 想定ニーズは正しいか
  • プロダクトの狙いは
    合っているか
  • 想定課題は正しいか
  • 価格感は適切か

商品の企画や開発を行う際、意外にも多くの企業が陥りやすい失敗は、顧客ニーズの把握を想定で進めてしまうことです。

「市場課題」「ニーズ(マーケットボリューム)」「差別化」「プライシング」など、商品開発には多くの「想定」を計画する必要がありますが、それらの「想定」のクオリティを向上させることが、ヒット商品を生み出す鍵となります。

UCHiTEを活用すれば、状況に合わせてピンポイントに定性的な根拠データを集めることができ、加えて定性分析のプロフェッショナルが分析をした上でアウトプットをしてくれるので、企画や開発のクオリティを大幅に向上させることが可能です。

フルオーダープラン

フルオーダープラン
  • 顧客接点のプロフェッショナルが独自ノウハウで顧客の意見を収集
  • 貴社のサービスやマーケティングを客観的な視点で分析
  • 課題に仮説を立て、顧客の意見を根拠にした打ち手をアウトプット